第20回アイビスサマーダッシュ(GⅢ)予想結果・回顧・反省

予想結果

まずは令和2年7月26日(日)第20回アイビスサマーダッシュ(GⅢ)の予想結果です。

第20回アイビスサマーダッシュ(GⅢ)結果

勝ちタイム:0.54.5

1着:9ジョーカナチャン
2着:13ライオンボス(アタマ)
3着:12ビリーバー(クビ)
4着:17メイショウカズヒメ(3/4馬身)
5着:8ダイメイプリンセス(アタマ)
6着:18ミキノドラマー
7着:10イベリス
8着:4カッパツハッチ
9着:5ナランフレグ
10着:2ラブカンプー
11着:7レジーナフォルテ
12着:11アユツリオヤジ
13着:1ノーワン
14着:3ワンアフター
15着:16クールティアラ
16着:14ゴールドクイーン
17着:6ナインテイルズ
18着:15モンペルデュ

配当
単勝9 780円
馬連9-13 870円
馬単9-13 2190円
3連複9-12-13 5000円
3連単9-13-2 2万7030円

上位追切評価馬(追切評価A以上)の結果

4カッパツハッチ (8着)
10イベリス   (7着)
16クールティアラ(15着)

上位独自指数馬(上位1位~3位)の結果

1位13ライオンボス   31.9(2着)
2位9ジョーカナチャン  10.6(1着)
3位8ダイメイプリンセス  7.8(5着)
3位14ゴールドクイーン  7.8(16着)

独自予想

◎13ライオンボス

〇8ダイメイプリンセス

▲10・14・15

三連単
⑬-⑧⑩⑭⑮-⑧⑩⑭⑮
⑧⑩⑭⑮-⑬-⑧⑩⑭⑮
⑧-⑩⑭⑮-⑬⑩⑭⑮ 33点 → 外れ

回顧・反省

1着9ジョーカナチャン、2着◎13ライオンボス、3着12ビリーバーでの決着。1着の9ジョーカナチャン及び3着の12ビリーバーを無印とし、全く買目に入れていなかったため、独自予想を外してしまいました。

 

1着9ジョーカナチャン
五分のスタートから、終始先頭で競馬を進め、ラストまで他馬に先頭を譲らず見事勝利しました。勝因は9番枠と決して有利な枠ではないなか、持ち前のスピードで最も走り易い外埒沿いの位置を確保できたこと、併せて上手く◎13ライオンボスをレース途中までブロックできたことにあると感じました。スタート直後に10イベリスと軽い接触がありながらも、先頭を奪い取るような走りは素晴らしかったと思います。同馬を無印としたのは◎13ライオンボスとの比較で、外枠である程、有利な状況下において同馬は9番枠とライオンボスより不利な枠であったこと、前走のオープン特別の韋駄天ステークスでは同馬が14番枠でライオンボスが10番枠と同馬が有利な枠でありながら、敗戦を喫してしまっていること、にも関わらず前走では4.5kgの斤量差が3kgと軽くなってしまうこと、メンバーも揃い前走以上に速い馬が揃った今回は最後まで脚が持たない可能性も高いと考えたためです。2番人気と人気も背負ったため、思い切って買目からも外してしまった次第です。器用さもあり、ここまでスピード感のある走りができるということを見抜けなかったことを反省したいと思います。

 

2着◎13ライオンボス
五分のスタートから、道中は終始勝った9ジョーカナチャンを見る位置で競馬を進め、最後に捕らえにかかるもアタマ差及ばず2着。敗因は別定戦ではありますがトップハンデの57kgの斤量、一旦外埒沿いに位置するものの、勝ち馬にブロックされるような形で前を譲ってしまったこと、終始左手前で手前を替えず、片一方ばかりに負担がかかり脚を消費したことにあると感じました。それでも勝ち馬には僅かアタマ差であることはこの条件下での能力の高さは再度証明した走りであった考えます。負けはしましたが、強い走りを見せてくれたのではないでしょうか。蛇足ではありますが、同馬はとにかく追切では動かないタイプであり、調教での動きは全く気にしなくても良いタイプであると思います。

 

3着12ビリーバー
五分のスタートから、序盤は13、14番手あたりで脚を溜め、残り300mあたりから一気に前を捕らえにかかるも3着まで。好走要因は同馬は馬群を嫌う馬であり、あえて後方で競馬をすることにより、苦手な馬群を避けて競馬をすることができたこと、後方で競馬をしたことにより、有利な外埒沿いで競馬ができたことにあると感じました。一時は前を走る13ライオンボスと脚が止まってしまった2ラブカンプーが壁となり、十分に追えない場面もありながらの勝ち馬からアタマ差、クビ差の決着はもう少しスムーズな競馬ができていれば十分に勝ちまであった素晴らしい走りであったと思います。同馬を無印とした理由はやはり1000直で有利な外埒沿いで競馬を進めるためには同馬の苦手な馬群を避けることはできないと判断したこと、初の1000直で一発の可能性の魅力ある馬が複数出走しており、同馬まで印がまわらなかったことにあります。馬群が苦手な点は気にはなりますが、今後再度1000直に挑んできた場合は上位に評価すべき存在であると思います。

5着〇8ダイメイプリンセス
五分スタートから、序盤は10番手あたりで競馬を進め、残り500mあたりから徐々に前に進出するも最後は伸びを欠いての5着。もちろんレース前からわかっていたことですが、敗因は決して有利ではない8番枠であったこと、「まだ状態が上がっている途中。それでも一瞬突き抜けそうだった。次はもっと良くなる」とレース後の鞍上のコメントから十分に仕上がった状態ではなかったことにあると感じました。昨年制したGⅢ北九州記念を最大目標としているのかも知れません。それでも5着とは言え、勝ち馬とは0.1秒差の僅差の競馬は決して悪い内容ではなかったと思います。次走に期待するとともに対抗評価としながら十分に同馬の状態を見抜くことができなかったことを反省したいと思います。

2020年 単複回収率・推奨馬券回収率

単勝回収率 88.9%

複勝回収率 97.6%

※ 2020年の◎(本命)の単複を100円ずつ購入した場合

現在回収率 103.0%

※ 2020年の買目を100円ずづ購入した場合

単複回収率・推奨馬券回収率

単勝回収率   103.1%

複勝回収率   92.5%

※ ブログ開設以来◎(本命)の単複を購入した場合

現在回収率   76.1%

※ 独自予想・ブログ開設以来買目を100円ずづ購入した場合




↑押して貰えると嬉しいっぷ°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

コメント