第56回 CBC賞(GⅢ)第69回 ラジオNIKKEI賞(GⅢ)追切評価・独自指数・予想

競馬予想

それでは第56回CBC賞(GⅢ)の予想をしたいと思います。

第56回CBC賞(GⅢ)
阪神競馬場(3歳以上・芝1200m)
追切評価と独自指数

1-1 ナインテイルズ(牡9、中井裕二・長谷川浩大)
追切評価独自指数 0.8
1-2 レッドアンシェル(牡6、福永祐一・庄野靖志)
追切評価独自指数 5.0
2-3 ラブカンプー(牝5、斎藤新・森田直行)
追切評価独自指数 0.8
2-4 グランドロワ(牡6、和田竜二・鈴木孝志)
追切評価独自指数 1.7
3-5 エイシンデネブ(牝5、幸英明・坂口智康)
追切評価独自指数 5.0
3-6 アンヴァル(牝5、岩田望来・藤岡健一)
追切評価独自指数 2.5
4-7 クリノガウディー(牡4、横山典弘・藤沢則雄)
追切評価独自指数 26.4
4-8 ロケット(牝5、酒井学・石橋守)
追切評価独自指数 9.1
5-9 タイセイアベニール(牡5、松山弘平・西村真幸)
追切評価独自指数 21.5
5-10 ショウナンアンセム(牡7、鮫島克駿・田中剛)
追切評価独自指数 0.8
6-11 アウィルアウェイ(牝4、川田将雅・高野友和)
追切評価独自指数 9.1
6-12 ダイシンバルカン(牡8、国分優作・吉田直弘)
追切評価独自指数 0.8
7-13 ミッキースピリット(牡4、松若風馬・音無秀孝)
追切評価独自指数 7.4
7-14 ディメンシオン(牝6、松田大作・藤原英昭)
追切評価独自指数 6.6
8-15 ノーワン(牝4、浜中俊・笹田和秀)
追切評価独自指数 1.7
8-16 ジョイフル(牡6、川又賢治・吉村圭司)
追切評価独自指数 0.8

※ 評価順S→A→B→C→D
※ 追切評価におけるは動画がないため評価ができないものを示しています。

上位追切評価(追切評価A)

13ミッキースピリット

上位独自指数

1位7クリノガウディー  26.4
2位9タイセイアベニール 21.5
3位8ロケット       9.1
3位11アウィルアウェイ  9.1

推し馬印発表

◎16ジョイフル(追切評価B)(独自指数12位)
推し要因
①1200m
②重馬場
③16番枠
④馬券的妙味
評価
前走は1600mのリステッド競争の米子ステークスで15着。使って良くなるタイプであり、休み明けであったこと、最後の直線では完全に脚が止まってしまっており、1600mは3戦して全て大敗と距離が長すぎたことが敗因であると感じました。4走前の今回と同距離同コースで行われたタンザナイトステークスではGⅠ高松宮記念3着、GⅢキーンランドカップを制しスプリント路線の一線級の一役を担ったナックビーナスに勝利しました。また、3走前のGⅢシルクロードステークスでは7着と敗退しているものの勝ち馬との差は僅か0.3秒差と僅差であり、今春のGⅠ高松宮記念を制したモズスーパーフレアとは0.1秒差の競馬を演じています。1200mと前走から400m距離短縮の今回は十分に一変の可能性があると判断したこと、現在阪神競馬場は重馬場であり、過去の戦績から道悪をこなせることが十分に証明されていること、内埒沿いの馬場が荒れている中、16番枠と外枠で馬場の良い所を選んで走ることができること、現在9番人気と馬券的妙味が高いことから、十分に一発の可能性は秘めていると判断し本命としました。

〇7クリノガウディー(追切評価B)(独自指数1位)
推し要因
①前走
②重馬場
③1200m
④58kg
⑤独自指数1位
評価
前走はGⅠ高松宮記念で1着入線も他馬の進路を妨害したとして4着降着。前走は埒沿いを前で競馬をした同馬に圧倒的有利な条件下でありましたが、初の1200mで一線級のスプリンターを相手に結果的には降着とはなりましたが、勝ち切った内容は素晴らしいものであったと感じました。その前走は重馬場であり、既に重馬場での適性の高さを示していること、1度1200mを使ったことでこの距離に対する慣れが見込めること、58kgとトップハンデですが、同レースにおいては軽斤量よりも重い斤量の馬が好成績を収めていること、独自指数も1位と高い数値がでていることから対抗評価としました。

独自予想(買い目)

馬券の買目は上記2頭に相手として▲9タイセイアベニールを、紐で△2レッドアンシェル、△4グランドロワ、△8ロケット、△11アウィルアウェイ、△13ミッキースピリット、△14ディメンシオン、△15ノーワンを加えた以下の三連単で勝負したいと思います。

◎16ジョイフル

〇7クリノガウディー

▲9タイセイアベニール

△2・4・8・11・13・14・15

三連単
⑦⑯-⑦⑨⑯-②④⑦⑧⑨⑪⑬⑭⑮⑯ 32点

続いて第69回ラジオNIKKEI賞(GⅢ)の予想をしたいと思います。

第69回ラジオNIKKEI賞(GⅢ)
福島競馬場(3歳・芝1800m)
追切評価と独自指数

1-1 バビット(牡3、団野大成・浜田多実雄)
追切評価独自指数 2.5
2-2 ディープキング(牡3、戸崎圭太・藤原英昭)
追切評価独自指数 0.8
3-3 アルサトワ(牡3、田辺裕信・斉藤崇史)
追切評価独自指数 8.3
4-4 コンドゥクシオン(牡3、石川裕紀人・中舘英二)
追切評価独自指数 5.8
5-5 サクラトゥジュール(牡3、石橋脩・堀宣行)
追切評価独自指数 11.7
5-6 アールクインダム(牝3、吉田豊・伊藤大士)
追切評価独自指数 0.8
6-7 ベレヌス(牡3、西村淳也・杉山晴紀)
追切評価独自指数 0.8
6-8 グレイトオーサー(牡3、D.レーン・堀宣行)
追切評価独自指数 15.8
7-9 パラスアテナ(牝3、武豊・高柳瑞樹)
追切評価独自指数 15.8
7-10 コスモインペリウム(牡3、武藤雅・和田雄二)
追切評価独自指数 6.7
8-11 パンサラッサ(牡3、三浦皇成・矢作芳人)
追切評価独自指数 3.3
8-12 ルリアン(牡3、坂井瑠星・佐々木晶三)
追切評価独自指数 19.2

※ 評価順S→A→B→C→D
※ 追切評価におけるは動画がないため評価ができないものを示しています。

上位追切評価(追切評価A)

8グレイトオーサー
12ルリアン

上位独自指数

1位12ルリアン    19.2
2位8グレイトオーサー 15.8
2位9パラスアテナ   15.8

推し馬印発表

◎9パラスアテナ(追切評価B)(独自指数2位)
推し要因
①前走・前々走
②福島競馬場
③重馬場
④展開
⑤独自指数2位
評価
前走は1勝クラスのカーネーションカップを見事勝利しました。2着のセイウンヴィーナスはGⅢクイーンカップでこの世代上位のミヤマザクラ、マジックキャッスルと僅差の競馬で3着と好走しており、そのセイウンヴィーナスに1馬身3/4差をつけての勝利は評価に値すると感じました。また、前々走の福島競馬場の未勝利戦においては、小雨が降りしきる中、2着に5馬身差の圧勝。5馬身離した2着馬も既に勝ち上がっており、決して弱い相手ではなかったと思います。上記のとおり既に福島競馬場で勝利を挙げており、同コースでの適性の高さを示していること、渋った馬場で勝利を挙げており、重馬場での適性も示していること、出走馬を見渡すと前で競馬をする馬が揃っており、差す競馬をすると思われる同馬に展開が味方する可能性が高いこと、独自指数も2位と高い数値がでていることから本命としました。

独自予想(買い目)

馬券の買目は◎9パラスアテナを1頭軸頭とし、相手として、 △3アルサトワ、△8グレイトオーサー、△12ルリアンを、紐で✕1バビット、✕4コンドゥクシオン、✕5サクラトゥジュール、✕7ベレヌス、 ✕10コスモインペリウムを加えた以下の三連単で勝負したいと思います

◎9パラスアテナ

△3・8・12

✕1・4・5・7・10

三連単
⑨-③⑧⑫-①③④⑤⑦⑧⑩⑫ 21点

2020年 単複回収率・推奨馬券回収率

単勝回収率 115.5%

複勝回収率 103.6%

※ 2020年の◎(本命)の単複を100円ずつ購入した場合

現在回収率 100.6%

※ 2020年の買目を100円ずづ購入した場合

単複回収率・推奨馬券回収率

単勝回収率   107.1%

複勝回収率   94.2%

※ ブログ開設以来◎(本命)の単複を購入した場合

現在回収率   79.3%

※ 独自予想・ブログ開設以来買目を100円ずづ購入した場合




↑押して貰えると嬉しいっぷ°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

コメント