第29回 アーリントンカップ(GⅢ) 追切評価・独自指数・予想

競馬予想

それでは第29回アーリントンカップ(GⅢ)の予想をしたいと思います。

第29回アーリントンカップ(GⅢ)
阪神競馬場(3歳・芝1600m)
追切評価と独自指数

1-1 ノルカソルカ(牡3、幸英明・藤岡健一)
追切評価 独自指数 5.0
2-2 デュードヴァン(牡3、三浦皇成・加藤征宏)
追切評価 独自指数 2.8
3-3 チュウワノキセキ(牡3、浜中俊・大久保龍志)
追切評価ー 独自指数 1.7
4-4 トリプルエース(牡3、川田将雅・斉藤崇史)
追切評価 独自指数 5.0
5-5 ジュンライトボルト(牡3、藤井勘一郎・友道康夫)
追切評価 独自指数 2.2
5-6 タイセイビジョン(牡3、石橋脩・西村真幸)
追切評価 独自指数 31.1
6-7 ボンオムトゥック(牝3、藤岡佑介・高橋亮)
追切評価 独自指数 16.1
6-8 リインフォース(牡3、泉谷楓真・石坂公一)
追切評価 独自指数 0.6
7-9 プリンスリターン(牡3、原田和真・加用正)
追切評価 独自指数 15.0
7-10 ギルデッドミラー(牝3、岩田望来・松永幹夫)
追切評価 独自指数 13.3
8-11 ロードベイリーフ(牡3、坂井瑠星・森田直行)
追切評価 独自指数 1.1
8-12 グランレイ(牡3、太宰啓介・池添学)
追切評価 独自指数 6.1
※ 評価順S→A→B→C→D
※ 追切評価におけるは動画がないため評価ができないものを示しています。

上位追切評価(追切評価A)

9プリンスリターン
12グランレイ

上位独自指数

1位6タイセイビジョン 31.1
2位7ボンオムトゥック 16.1
3位9プリンスリターン 15.0

推し馬印発表

 ◎1ノルカソルカ(追切評価B)(独自指数6位)
推し要因
①逃げ
②強い馬と僅差の競馬
③1枠1番
④重馬場適性
⑤馬券的妙味
評価
前走は未勝利戦で1着。前走の未勝利戦では、逃げて2着に3馬身半差の圧勝。同馬の強みは先行力。新馬戦・未勝利戦ではありますが、同馬は逃げた場合3戦1勝2着2回とパーフェクト連対、馬券外となっているのは逃げの手を打っていないの2戦のみとなっています。昨年10月の新馬戦では逃げてGⅢ毎日杯を制したサトノインプレッサに0.1秒差と僅差を演じていること、1枠1番と逃げ馬には絶好枠であること、本日阪神競馬場は雨の予報となっており、同馬の戦績からは重馬場適性を見込めること、現在6番人気とあまり人気はなく馬券的妙味が高いことから本命としました。

〇9プリンスリターン(追切評価A)(独自指数3位)
推し要因
①前走
②折り合い・操縦性の高さ
③追切評価A
評価
前走はGⅢシンザン記念で2着。前走のGⅢシンザン記念では牝馬のサンクテュエールにこそクビ差で敗れましたが、3着で後にGⅢきさらぎ賞を制するコルテジアには4馬身差をつける強い競馬を披露しました。同馬の強みは折り合いがつき、その操縦性の高さにあります。人気となる6タイセイビジョン、10ギルデッドミラー、12グランレイあたりが折り合いに不安を抱えていることを考慮すると同馬の安定感の高さに魅力を感じ、馬券内の確率は相当高いと感じました。3か月ぶりの実戦ではありますが追切の動きもすこぶる良く、対抗評価としました。

独自予想(買い目)

馬券の買目は上記2頭に相手として ▲7ボンオムトゥック、紐で△2デュードヴァン、△4トリプルエース、△6タイセイビジョン、 △10ギルデッドミラーを加えた以下の三連複・三連単で勝負したいと思います。

◎1ノルカソルカ

〇9プリンスリターン

▲7

△2・4・6・10

三連複
①⑨-①⑦⑨-①②④⑥⑦⑨⑩ 13点

三連単
①⑨-①⑦⑨-①②④⑥⑦⑨⑩ 20点 計33点

2020年 単複回収率・推奨馬券回収率

単勝回収率 148.8%

複勝回収率 128.8%

※ 2020年の◎(本命)の単複を100円ずつ購入した場合

現在回収率 123.2%

※ 2020年の買目を100円ずづ購入した場合

単複回収率・推奨馬券回収率

単勝回収率   113.4%

複勝回収率   98.6%

※ ブログ開設以来◎(本命)の単複を購入した場合

現在回収率   81.6%

※ 独自予想・ブログ開設以来買目を100円ずづ購入した場合




↑押して貰えると嬉しいっぷ°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

コメント