オールカマー・神戸新聞杯 回顧・反省

回顧・反省
UMAZUKI
UMAZUKI

それでは9月22日(日)の第65回オールカマーの反省から始めたいと思います。

独自予想

◎1ミッキースワロー

〇7ウインブライト

△4・8・9

三連単

①⑦-①⑦-④⑧⑨ 6点 → 外れ

第65回オールカマー(G2)結果トグルボックス内容

勝ちタイム:2.12.0

1着:9スティッフェリオ
2着:1ミッキースワロー(1-3/4馬身)
3着:4グレイル(1/2馬身)
4着:8レイデオロ(ハナ)
5着:3クレッシェンドラヴ(3/4馬身)
6着:2ゴーフォザサミット
7着:10ショウナンバッハ
8着:6エンジニア
9着:7ウインブライト
10着:5トニーファイブ

配当
単勝9 1120円
馬連1-9 2240円
馬単9-1 4660円
3連複1-4-9 8450円
3連単9-1-5 5万4310円

推し馬結果分析トグルボックス内容

◎1ミッキースワロー(2着)
好走要因
①道中は8、9番手の後方でじっくりと脚を溜めることができたこと。
②人気のG1馬2頭の斤量58kgに対し、同馬は前走より2kg軽い56kgであったこと。
③出走馬中最速の上がりの3F33.4秒
敗因
①仕掛けのタイミングが遅かったこと。
評価
勝ち馬9スティッフェリオは上手く逃げ切られてしまいましたが、仕掛けのタイミングが遅かったことを除くとこの馬としては十分実力を出し切った走りを見せてくれたのではないでしょうか。切れる速い脚を使える馬であることから、G1においても勝ちまでの競馬は難しいとは思いますが、スローペースのヨーイドン又はスローペースを捲る競馬ができれば十分に2、3着の可能性はある馬であると感じました。

〇7ウインブライト(7着)
敗因
①2200Mの距離が長すぎたこと。
②過去最高体重である494kg(+11kg)と馬体重が重かったこと。
評価
五分のスタートを決めて、道中も好位で競馬を進めることができましたが、4コーナーでは反応が悪くなってしまい、直線では脚が止まってしまいました。鞍上のコメントにあったとおり、距離が持たなかったのが原因であると思いました。加えて、この馬の場合は休み明けに大敗を繰り返していることから、一度使った方が良いタイプであると思います。大きく負けはしましたが、今回のみの敗戦で取捨は判断せず、次走はどこを使うかは、現時点において不明ではありますが、距離短縮での出走の場合は継続して上位に挙げるべき馬であると考えます。今年のG2中山記念、G1クイーンエリザベスⅡ世カップにおいて一流馬を下していることからも安易に軽視すべきではないと考えます。

回顧・反省

1着△9スティッフェリオ、2着◎1ミッキースワロー、3着△4グレイルと印を打った馬での決着となりましたが、◎1ミッキースワロー、〇7ウインブライトを頭、2着固定とした三連単で勝負したため、独自予想は外してしまいました。1着の△9スティッフェリオについて、勝因は展開に恵まれ、楽に逃げられたことにあると思います。スムーズに先頭をとることができて、道中絡んでくる馬もいなかったのも幸いでした。しかし、G1大阪杯、G1宝塚記念においても人気以上の走りをしていること、配当的妙味からも、もう少し重い印を打つべきであったと、反省しているところです。流石にG1では難しいかなとは思いますが、重賞においては無視してはいけない存在であると感じました。2着の◎1ミッキースワローについて、好走要因で挙げたとおり、この馬らしい走りはできており、2着の結果は満足ですが、仕掛けが少し遅かったのが残念でした。展開次第ではG1での好走も十分にあるのではないでしょうか。3着の△4グレイルについて、近走は不振にあえいでいましたが、体が絞れたことと、中山芝2200M外周りに適性を示して様子で好走しました。次走はどこを走るかは不明ですが、G2、G3においては十分注意が必要な馬であると感じました。今回は逃馬が不在であったことから、比較的前で競馬をしてきた△9スティッフェリオが逃げるのは十分に予想できたこと。このことを深く考えられなかったことを反省したいと思います。

解説馬
UMAZUKI

続いて9月22日(日)の第67回神戸新聞杯(G2)の反省をしたいと思います。

独自予想

◎3サートゥルナーリア

〇5ヴェロックス

△2・6

三連単

③-⑤-②⑥ 2点 → 外れ

第67回神戸新聞杯(G2)結果トグルボックス内容

勝ちタイム:2.26.8

1着:3サートゥルナーリア
2着:5ヴェロックス(3馬身)
3着:8ワールドプレミア(1-1/4馬身)
4着:4レッドジェニアル(1-3/4馬身)
5着:2ユニコーンライオン(クビ)
6着:6シフルマン
7着:7ヴィント
8着:1ジョウショームード

配当
単勝3 140円
馬連3-5 130円
馬単3-5 210円
3連複3-5-8 320円
3連単3-5-8 700円

推し馬結果分析トグルボックス内容

3サートゥルナーリア(1着)
好走要因
①折り合いを欠くことなく、平常心で競馬ができたこと。
②5ヴェロックスよりも前で競馬ができたこと。
評価
折合いさえ欠かなければ、超一流馬。切れる脚のない5ヴェロックスより前の位置で競馬ができた時点で勝ったと感じました。楽な手ごたえで2着に3馬身差の圧勝。全く文句のつけようのない競馬であったと思います。やはり前走のG1東京優駿は不運が重なっただけかなと。次走はG1天皇賞秋かG1ジャパンカップとのことですが、十分に戴冠の可能性高い馬であると感じました。

〇5ヴェロックス(2着)
好走要因
①3サートゥルナーリアに前の位置を取られてしまいましたが、それでも好位で競馬ができたこと。
敗因

①休み明けの一叩きであり、あくまでも大舞台への前哨戦であったこと。
②切れる脚がないのにも関わらず、脚の切れる3サートゥルナーリアに前を譲ってしまったこと。
③1コーナで折り合い欠きかけて、その後は少々頭の高い走りになってしまったこと。
評価
あくまでも大舞台への一叩きという点では最高の競馬ができたと感じました。この馬の場合は速くはないが、バテずに長く良い脚を使えること。次走は3000MのG1菊花賞になると思いますが、一度叩いた上積みも見込め、十分に勝利の可能性はあるのではないでしょうか。この馬の走りからは距離は十分に持つと感じました。小さな懸念は今回と、前走のG1日本優駿において少々折り合いを欠いてしまったこと。元来レース中に折り合いを欠くタイプではないので、追切等で注視していきたいと思います。

回顧・反省

1着◎3サートゥルナーリア、2着〇5ヴェロックスと本命対抗での決着となりましたが、3着は無印の8ワールドプレミアであったため、独自予想は外してしまいました。1着の◎3サートゥルナーリアについて、折り合いさえつけば、力は同世代ナンバーワンであることを証明した1戦であったと思います。次走は古馬との戦いになりますが、十分に戦っていけると感じました。2着の〇5ヴェロックスについて、3サートゥルナーリアには完敗でしたが、あくまでもG1菊花賞への叩き台。個人的にはキレはないが、長く良い脚を使えることから距離が伸びた方が良いと考えています。3サートゥルナーリアのいないG1菊花賞であれば十分に制覇の可能性は高いと思いました。最後に無印としてしまった3着の8ワールドプレミアについて、足元に不安があっての6ヵ月の長期休養明けであること、にもかかわらず3番人気であったことから、配当的妙味も含めて無印としました。△評価とした2ユニコーンライオン及び6シフルマンが順調に使われている点、人気がなく配当的妙味が高かったことから比較し上位に挙げた次第です。しかし、終わってみるとこの選択が誤りでした。春先は強い馬と僅差の競馬をしていること、調教においても並以上の動きはみせていたことから、休養が長いから、配当が安いからといって評価を下げるべきではなかったと反省しています。

単複回収率・推奨馬券回収率

単勝回収率 107.9%

複勝回収率   85.8%

※ ◎(本命)の単複を購入した場合

現在回収率   76.8%

※ 独自予想・ブログ開設以来買目を100円ずづ購入した場合

最後に

今週は小頭数の2重賞に点数を絞って三連単で勝負しました。先週初めてお休みさせていただいたことから、気合を入れての予想でしたが、あえなく撃沈。単勝回収率こそ100%を超えていますが、目指すは単・複・推奨した買目での100%越え。今週末は秋のG1戦線の幕開けG1スプリンターズステークス。現時点での本命は1、2番人気になりそうなダノンスマッシュですが、2、3着には十分伏兵台頭の可能性があると考えています。秋のG1戦線、好スタートで逃げ切り圧勝を目指していきたいと感じました。



↑押して貰えると嬉しいっぷ°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

コメント