第67回中京記念・第51回函館2歳ステークス 予想

競馬予想

第67回中京記念(G3)
(3歳上・GIII・芝1600m)

1-1 グランドボヌール(牡5、和田竜二・鈴木孝志)
1-2 エントシャイデン(牡4、中谷雄太・矢作芳人)
2-3 ヴェネト(牡7、松若風馬・藤原英昭)
2-4 ジャンダルム(牡4、藤井勘一郎・池江泰寿)
3-5 グルーヴィット牡3、松山弘平・松永幹夫)
3-6 クリノガウディー(牡3、森裕太朗・藤沢則雄)
4-7 プリモシーン(牝4、福永祐一・木村哲也)
4-8 ツーエムマイスター(牡7、城戸義政・本田優)
5-9 ロワアブソリュー(牡6、幸英明・須貝尚介)
5-10 コスモイグナーツ(牡4、国分優作・高橋祥泰)
6-11 ロードクエスト(牡6、M.デムーロ・小島茂之)
6-12 レインボーフラッグ(牡6、小崎綾也・小崎憲)
7-13 ヒーズインラブ(牡6、酒井学・藤岡健一)
7-14 カテドラル(牡3、川田将雅・池添学)
8-15 ミエノサクシード(牝6、川島信二・高橋亮)
8-16 キャンベルジュニア(牡7、浜中俊・堀宣行)

それでは第67回中京記念(G3)の予想をしたいと思います。

本命の◎は5番グルーヴィットとしました。前走はG1NHKマイルカップで10着。前走では直線で7グランアレグリアの逃避の影響を受けてしまったこと、その後ずっと前が壁になってしまったのが敗因であると感じていました。元ダートで連勝しオープン入りした同馬、馬場の荒れた最終週こそこの馬の力が発揮できる舞台であると感じたこと、調教での動きも良いこと、前走のような不利がなく力を出し切った場合、52kgと斤量に恵まれる今回は十分勝ちきれると判断し本命としました。対抗の〇は7番プリモシーンとしました。前走はG1ヴィクトリアマイルで2着。前走は東京の1600Mで1分30秒5とレコード決着のなか、出走馬中上がり最速のタイムで勝ち馬とはタイム差なしの2着と一流馬の競馬を披露してくれました。今回55.5kgと斤量が重いこと、中京開催の最終週で馬場が荒れていること、比較的前で競馬をした馬が残っている馬場状況にあるなど、この馬にとっては不利な条件が重なっていますが、前走の内容からは格は一枚上であり、調教の動きも良いことから、不利な条件下にあっても力の違いであっさり勝ち負けはあると判断し対抗評価としました。三番手評価の▲は14番カテドラルとしました。前走はG1NHKマイルカップで3着。前走では直線で前が壁になりかけながらも、あわや勝利かと見せ場たっぷりの鋭い伸びを見せてくれました。1600Mでの適性は高く、53kgと斤量に恵まれること、調教の動きもすこぶる良いことから、勝ち負けもある三番手評価としました。馬券は上記に加えて6番クリノガウディー、15番ミエノサクシードを加えた以下の三連単で勝負したいと思います。

独自予想

◎5グルーヴィット

〇7プリモシーン

▲14カテドラル

△6・15

三連単

⑤⑦⑭-⑤⑦⑭-⑤⑥⑦⑭⑮ 18点

第51回函館2歳ステークス(G3)
(2歳・GIII・芝1200m)

1-1 ビアンフェ(牡2、藤岡佑介・中竹和也)
1-2 ヤマメ(牝2、藤岡康太・久保田貴士)
2-3 レッドヴェイパー(牝2、北村友一・安田隆行)
2-4 リュウノゲキリン(牡2、松岡正海・牧田和弥)
3-5 タイセイビジョン(牡2、C.ルメール・西村真幸)
3-6 パフェムリ(牝2、菱田裕二・岡田稲男)
4-7 メイショウナパワン(牡2、四位洋文・飯田祐史)
4-8 プリンスリターン(牡2、原田和真・加用正)
5-9 マンバー(牝2、国分恭介・中野栄治)
5-10 バブルガムダンサー(牝2、岩田康誠・角川秀樹)
6-11 スマートカーリー(牝2、武豊・須貝尚介)
6-12 アザワク(牝2、桑村真明・角川秀樹)
7-13 プリモジョーカー(牝2、阿部龍・角川秀樹)
7-14 イーサンティラノ(牡2、古川吉洋・昆貢)
8-15 ブルーパピヨン(牝2、丹内祐次・田島俊明)
8-16 ゴッドスター(牡2、池添謙一・池上昌和)

続いて第51回函館2歳ステークス(G3)の予想をしたいと思います。

本命の◎は3番レッドヴェイパーとしました。前走は函館の芝1200Mの新馬戦で1着。前走の新馬戦では2着との差はハナ差でしたが、3着とは5馬身差の強い内容で勝利しました。2着のケープゴット、3着のメイショウナパワンは次走ですぐに勝ち上がったこと、やや重で1分9秒8の勝ちタイムも優秀であり、相当レベルの高い新馬戦であったと判断できます。一度レースを使った上積みも十分に見込まれることから本命としました。相手は新馬戦こそ2着と敗退しましたが、やや重の函館の芝1200Mの未勝利戦において1分10秒フラットと好タイムで勝利した1ビアンフェ、阪神の芝1400Mで2着とは2馬身半、3着とは7馬身半と強い内容で勝利した5タイセイビジョン、函館の芝1200Mの新馬戦で3馬身差と強い内容で勝利した6パフェムリの3頭としました。馬券は上記に加え、9番マンバー、11番スマートカーリー、16番ゴッドスターを加えた3番レッドヴェイパーを1頭軸とした以下の三連単で勝負したいと思います。

独自予想

◎3レッドヴェイパー

△1ビアンフェ

△5タイセイビジョン

△6パフェムリ

×9・11・16

三連単

③-①⑤⑥-①⑤⑥⑨⑪⑯ 15点

単勝回収率111.3%

複勝回収率87.2%

※ ◎(本命)の単複を購入した場合

現在回収率73.4% 

※ 独自予想・ブログ開設以来買目を100円ずづ購入した場合



↑押して貰えると嬉しいっぷ°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

コメント