東西金杯 今年の主役はここにいる?

競馬予想

まずは先週のホープフルステークスの反省から

独自予想

◎5サートゥルナーリア

〇2ブレイキングドーン

▲11ヴァンドギャルド

△13コスモカレンドゥラ

☆3キングリスティア

三連複⑤-②⑪⑬-①②③④⑧⑪⑬ → 外れ

三連単⑤-②⑪⑬-①②③④⑧⑪⑬ → 外れ

AI予想

◎5サートゥルナーリア

〇8アドマイヤジャスタ

▲2ブレイキングドーン

△1ニシノデイジー

三連複②⑤⑧-①②⑤⑧-①②⑤⑧ → 的中①-⑤-⑧ 1,110円

三連単②⑤⑧-①②⑤⑧-①②⑤⑧ → 的中⑤-⑧-① 3,650円

独自予想は◎の5サートゥルナーリアは1着、〇の2ブレイキングドーンは5着、▲の11ヴァンドギャルドは6着、△の13コスモカレンドゥラは4着、☆の3キングリスティアは8着と予想を大きく外しました。◎の5サートゥルナーリアは期待通りの走りをみせてくれました。来年のクラシック路線を沸かしてくれる鉄板の一頭なるのではないでしょうか。〇の2ブレイキングドーンはちょっとちぐはぐな競馬になってしまいました。現時点において見限ることはできない1頭であり、次走も注目していきたいと思います。▲の11ヴァンドギャルドは直線に2度も騎手が立ち上がってしまう程の不利があり、それがなければ結果は違ってきたのではないかと悔しい思いが残ってしまいました。△の13コスモカレンドゥラは今後重賞では見せ場は作れるかもしれませんが、既に体が成熟している感じがし、上位3頭との力の差を感じてしまったのが本心です。☆の3キングリスティアについては、逃げると予想していたのですが行けませんでした。今後どういった路線を歩むかはわからないのですが、まだ未知数としか言いようはありません。そして、反省は2着の8アドマイヤジャスタについて、新馬戦でブレイキングドーンに3馬身差をつけられて負けていること、馬体重も新馬戦時で既に508kgもあり、あまり成長はないのではないかと考え無印としました。しかし、レースを重ねるごとに中身が変わっており、成長もしていたのでしょう。見抜くことができませんでした。また、3着のニシノデイジーについては、内側のコースが荒れており、最内枠が不利であると考えたこと、7月のデビューから既に5戦目であり、消耗しているのではないかと考えたことで無印としました。予想以上にタフな馬であり、その目論見も外れてしまった次第です。2頭ともに今後も注目していきたいと思います。ということで、1着軸固定こそ間違いはありませんでしたが、予想は大外れとなりました、今年最後のG1、この失敗を生かして新年は良いスタートができるよう、より一層勉強したいと思います。また、AIの予想は三連単・三連複ともに当てていますが配当が低くトリガミにはなっていませんが、不満の残る内容となってしまったことをお詫び申し上げます。

 

中山金杯

まずは中山金杯について、どの馬を選ぼうか正直とても迷いました。そんな中、本命の◎は11番ウインブライトとしました。前走のマイルチャンピオンシップは9着と敗れましたが、勝ち馬のステルヴィオから0.4秒差と大きく負けてはいないこと、昨年の同レースにおいて2着であり、その後の中山記念においてアエロリットを破って勝利しており、中山競馬場を得意としていることから軸としました。不安点は58kgの斤量でしょうか。対抗の〇は12番タイムフライヤーとしました。昨今あまり良い競馬は出来ていませんでしたが、前走の菊花賞では6着と敗れましたが、直線の走りは復活の予感を感じさせてくれる内容でした。今話題の外厩仕上げ(山元トレセン)であり、レベルは低かったとは思いますが、一昨年のホープフルステークス勝ち馬であり、あの走りの再現を期待したいと思います。▲は6番エアアンセムとしました。8歳という高齢であまり勝つイメージはないのですが、好枠なこと、毎回安定して上位に来ていること、内でうまく乗ることが出来れば、良い競馬ができるのではないかと考えました。△は8番マウントゴールドとしました。理由はこの馬もやはり安定の成績。12戦連続で掲示板に載っていることに魅力を感じます。意外と人気になっていることから少々評価を下げましたが、上位にくる馬の1頭であると考えます。☆は1番のタニノフランケルとしました。最内枠であり、先行馬、斤量も53kgと恵まれ、馬場の良い所を上手く走ることができれば上位進出もあるのではないでしょうか。馬券は上記に加え、切るには怖い3番コズミックフォース、4番ランガディアを加えた以下の馬単・三連複・三連単で勝負したいと思います。また、恒例のAIによる予想は設定が上手くいかないため本日はお休みします。

独自予想

◎11ウインブライト

〇12タイムフライヤー

▲6エアアンセム

△8マウントゴールド

☆1タニノフランケル

馬単 ⑪⑫-⑥⑧⑪⑫ 6点

三連複⑪⑫-⑥⑧⑪⑫-①③④⑥⑧⑪⑫   19点

三連単⑪⑫-⑥⑧⑪⑫-①③④⑥⑧⑪⑫   30点

 

京都金杯

続いては京都金杯について予想していきたいと思います。本命の◎は12番パクスアメリカーナとしました。前走のリゲルステークスでは、相手が弱かったのですが、長期休養明けの競馬をものともせず4馬身差の圧勝、力の違いを見せてくれました。一度叩いた上積みも十分期待できるのではないでしょうか。例年新年の京都開催は圧倒的に内側有利となっていることが唯一の懸念材料です。対抗の〇は4番グァンチャーレとしました。ここ3戦は比較的強い相手もいる中、好戦を続けており、充実期を迎えているのではないでしょうか。今回は内枠で有利であることも強調材料となっており、期待せざる負えません。▲は3番カツジとしました。前走マイルチャンピオンシップの素晴らしい足を使っての4着。また、内枠であることが期待を膨らませます。不安点は前走は後方一気の競馬であり、今回はどういった競馬をするのか予測が難しいことです馬券は上記に内枠である1番2番5番6番8番15番を加えた以下の馬連・馬単・三連複・三連単で勝負したいと思います。また、恒例のAIによる予想は設定が上手くいかないため本日はお休みします。

独自予想

◎12パクスアメリカーナ

〇4グァンチャーレ

▲3カツジ

馬連 ④-⑫ 1点

馬単 ④⑫-③④⑫ 4点

三連複⑫-③④-①②③④⑤⑥⑧⑮     13点

三連単④⑫-③④⑫-①②③④⑤⑥⑧⑫⑮  28点

 

コメント